派遣の薬剤師として働くときの3つのメリット

残業のない職場を選べる

薬剤師の仕事には残業がつきものですが、派遣の仕事をすれば、自分で残業がない所を選べます。残業をなくして、多くの人材を集めようとしている薬局もあるので、残業がない所を見つけることは可能です。正社員の場合は拘束時間が長いですが、派遣社員だったら、自分が契約した時間以上に働く必要はありません。残業をしないと給料は少なりますが、基本給は正社員と同じです。調剤薬局の仕事だったら、残業のない所を見つけやすいです。

人間関係に悩まされない

派遣の仕事は、人間関係に悩まされないメリットもあります。正社員だったら、原則としてその職場に長い間勤めなければなりません。しかし、派遣の社員だったら、契約の期間が終われば、その職場を去ることができます。たとえ煩わしい人間関係に悩まされていても、契約が切れるとそれから解放されます。薬剤師の仕事はミスをしないように細心の注意を払わなければなりません。仕事自体が大変なので、人間関係に悩まされるのは避けた方が無難です。派遣は人間関係に悩みがちな方にお勧めです。

自分の時間を自由に使える

派遣の仕事は自分の時間を自由に使えます。毎日働く仕事もありますが、週に3日から4日程度で構わない職場もあります。そのような所だったら、仕事をしない日は自由に使えるようになります。子育て中の方や仕事の量を減らしたいと思っている方に、特にお勧めです。仕事の量を減らしたからと言って時給が減るわけではありません。給料全体は少なくなりますが、給料が少なくなった分自由な時間が増えます。長期のブランクがあって、徐々に現場に復帰したい方にも向いています。

薬剤師の需要は高く、薬剤師の派遣求人も増えています。売り手市場なので、派遣先を時給や勤務地から自由に選べるメリットがあります。