住み込みで働く!?業種によってはその方が便利

通勤時間がかからない住み込みという働き方

自宅から通って仕事場に行くことが普通と考えられている中でも、職場近くの寮等に住み込みで働く方法は通勤時間を省くことができ自分の自由時間を多くとることができ、一生を考えると相当メリットがあることです。そのような働き方ができる業種として有名なのがホテル従業員です。例えば温泉ホテルというと町の中心部から離れている場所にあるために自宅から通って通勤するには時間もかかり、また移動手段も選択肢が少なく自家用車を持っていないと難しいです。

家族を連れて働くことと出稼ぎで働くこと

そのため多くのホテルでは従業員の寮を持っていることが多いです。また社宅を持っているホテルの場合には、自宅からホテル近くまで引越ししてくる人もいます。その場合には家族がいる場合には社宅に家族全員が移り住むことになります。また単身赴任で住み込みで働く業種も多くあります。例えば農業を主たる仕事としている人は冬場は仕事がないので、出稼ぎで有期の仕事をすることになりますが、その場合も住み込みになります。特に多いのが工場勤務です。

住み込みの働き方から正社員になる人も

車の売れ行きによっては24時間体制で生産が必要になることもあり、その場合には多くの人を募集します。日本全国を対象にしているケースも多く、その場合には寮を用意する必要があり、採用された人達はそこに住み込みで働くことになります。単身の場合には朝食や昼食等が提供されたり、食堂が準備されており、仕事に専念できるような環境になっていることが多いです。また有期で働くことが多い中、その人と会社の希望があえば、正社員として働く人もいます。

女子学生寮の求人は多いのです。理由は、24時間管理を求められる女子寮は、仕事量が多く勤務時間が長いことで成り手がいないのです。